HOME

高野学

 

高野学作品紹介
                           

 

高野学 takano manabu

1975年

群馬県 桐生市生まれ

2000年

東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

2003年

東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了
2019 ギャラリー尾形個展 同16年
  海外アートフェァに多数出展する
  2006年ー2016年
  マイアミ・シチリア・サンタフェ・バネチア
  ニューヨーク・パリ・ミラノ・ソウル・ロシア・キエフ・他
2018年 ウィーン・PASKGALLERY一年間常設展示
  受賞歴
  2016年 レオナルド・ダヴィンチ国際賞
  2015年ミケランジェロ国際賞
  カナレット・アーティスティク・キャリア国際賞
  ダンテ生誕750周年記念イル・テンポ国際賞
  ノート国際賞・ビエンナーレ・ヨーロピア賞
  久米圭一郎賞

       

 

NY在住時に目撃した911WTCテロ、また東日本大震災、
家族の病気の大病などの体験をもとに作品を制作。
病についての考察を月と太陽、生命力のシンボルである
ウサギを使って表現する。

 

2019年個展作品 22点

 

 

 

月と太陽とウサギたち 30号

 

 

月と太陽とウサギとチョウ F10

 

 

 

 

 

 

 

月と太陽とウサギ4月の卵

 

 

月と太陽ウサギ10月の式

 

 

 

 

 

2016年作品

 

 

moon,sun and three rabbits 117x91cm

 

 

 

 

moon,sun and rabbits with crowns 117x91cm

 

 

 

 

 

moon,sun and rebbit with red stars

53x46cm

 

 

 

moon,sun and rabbit with black dress

167x91cm oil on canvas