HOME

藤崎孝敏

 

藤崎孝敏作品紹介
                           

 

藤崎孝敏 Fujisaki Cauvine

1955年

熊本市に生まれる
1974

27歳で初めて絵筆を握り、独学で油彩を描き始める

最初の個展を自費で試みるが一枚しか売れず

1985年

1987年

渡欧することを決意する

パリに着くパリ市内のホテルを転々と移り住む、モンパルナス墓地にボードレールの墓を訪ねる

パリに訳もなく失望感を覚え南仏へ発つその後ジプシーと生活を共にする。イタリア、スペインと放浪を重ねる

1988年

画材調達と経済的問題により再びパリに戻る モンマルトルの安宿、ホテルデザール(芸術家の宿)に落ち着く

モンマルトルに住む、貧しき人々の生活の中に浸透してゆくジプシーシリーズを制作する。

1992年 モンマルトルの丘に移る。
1993年

アート・ミュージアム銀座にて、新旧代表作70余展を集めた回顧展開催 ピカールノアトリエに落ち着く

画集「CAUVNE・「1985〜1933」発刊 通過者としての自己意識を決定的なものとする。

1996年

大作(6mx3m)過越しの地油彩の制作を日で行う 労働者・食事シリーズ(モンマルトルの貧しき人々)を制作する

1986年

東京渋谷・東急文化村ギャラリーで個展 油彩40点、デッサン10点

詩画集「刈り取られた悲しみ」審美社発刊

2005年 東京渋谷・東急文化村ギャラリーで個展 パリを捨て、ベルギー・Servilleの田舎に移り制作を続ける
2006年 東京を中心に個展
2010年 静岡県三島市 パサディナ美術館にて第1回個展
2012年 アトリエをブルターニュに移す
2016年 ギャラリー尾形個展
   
   

       

 コレクション

福岡市美術館(西本コレクション) 信濃デッサン館 (長野

パサディナ美術館 (静岡) S氏コレクション (神戸

現在無所属

 


 

東京渋谷・東急文化村ギャラリーで個展 モンマルトルに住む、貧しき人々の生活の中に浸透してゆく

 

 

クロードの食卓 30号

 

 

 

 

conameauの浜辺 20M

 

 

 

 

 

プロヴァンスの葡萄畑 25P

 

 

 

 

ひまわり 10F

 

 

 

 

 

 

 

あじさい 10F

 

 

 

 

眠る娘 12F

 

他 10 作品